ピンクゼリー 妊娠確率

ピンクゼリーは妊娠しにくい!?妊娠率は何パーセント!?衝撃の事実発覚!

女の子の産み分けの際に使用することで女の子が生まれる確率が高くなるという『ピンクゼリー

 

そんなピンクゼリーですが、

 

ピンクゼリーを使った時の妊娠確率ってどれくらい?

 

産み分けゼリーを使った場合は、通常より妊娠率が下がる?

 

産み分けすると、何回目で妊娠できるの?

 

このような疑問がネット上で見られました。

 

実際、女の子の産み分けでピンクゼリーを使ってみようか迷っていても、妊娠確率が恐ろしく低かったりしたら悩んでしまいますよね。

 

そこで、こちらの記事では、

 

  • ピンクゼリーを使うと何回目で妊娠できる?
  • ピンクゼリーの妊娠率はどれくらい?

 

このようなことを詳しく調べてみましたので、ご紹介していきます。

 

 

ピンクゼリーを使うと妊娠しにくくなる?

ピンクゼリー 妊娠確率

ピンクゼリーを購入しようか迷っている方の中には、

 

産み分けゼリーは妊娠率が下がるんじゃないか?

 

ということを心配されている方も少なくありませんでした。

 

実際に、ピンクゼリー(女の子産み分けゼリー)を使って妊活している方のブログなどで、

 

なかなか、妊娠しない

 

一人目はすぐできたのに・・・

 

このような声も上がっているようです。

 

そこで、産み分けについての本も出版している杉山産婦人科の院長の記事をからこのような記述を見つけました。

 

産み分けをするということは、望む性別の受胎のためのセックス以外は避妊するということ。

 

妊娠率が下がるのはいうまでもありません。

 

(引用:『女の子・男の子産み分けBOOK』)

 

医師もこう述べているように、

 

「普通に妊活をしたとき」と「産み分けをして妊活をするとき」では、

 

産み分けをして妊活をした方が妊娠する確率は下がってしまうというのは事実

 

のようです。

 

 

産み分けで妊娠率が下がる理由@

ピンクゼリー 妊娠確率

1つめの理由としては、ピンクゼリーを使うことで、男の子になる精子は排除していきます。

 

言ってしまえば、通常の半分の量の精子しかいない状態です。

 

精子の数が少ないことで単純に受精する確率と言うのも低くなっていきます。

 

 

産み分けで妊娠率が下がる理由A

ピンクゼリー 妊娠確率

女の子産み分けは、排卵日当日には性交を避けるため、その分、妊娠確率は下がってしまいます。

 

積極的に妊活を行う際は、排卵日2日前から複数回性交をすることで確率を上げていきます。

 

 

しかし、ピンクゼリーを使いたい人、つまり女の子が欲しい人は、男の子ができる可能性がある行為を極力避けていきます。

 

女の子ができる可能性が高い日以外のセックスを避けるから妊娠率が下がるというわけです。

 

セックスの回数が減れば、どうしても妊娠する確率自体は低くなってしまいますね。

 

 

言い換えれば、ピンクゼリーを使うと妊娠確率が下がる、妊娠しにくくなるのではなく、

 

産み分けを実践すること自体、妊娠までにかかる時間は長くなる傾向があると言えます。

 

 

母体の年齢による妊娠率の低下

 

ピンクゼリーを使用することを含め、産み分けを実践することで、妊娠率が下がることはお分かりいただけたかと思います。

 

その他にも妊娠率に関する重要なポイントがあります。

 

それは、母体の年齢です。

 

妊娠率と言うのは、母体の年齢によって大きく変わってくるんですね。

 

母体の年齢による妊娠率の変化

年代 妊娠確率
20代 20〜25%
30代前半 15〜20%
30代後半 10%
40代 5%

産み分けをする人のほとんどが2人目以降

 

ピンクゼリーを発売している各社によると、使用する人のほとんどが既に一人以上お子さんがいる人だそうです。

 

過去にすでに、妊娠・出産・育児を経験している人は、初産の時に比べ、年齢が上がっているのが事実です。

 

 

健康な20代が性交渉を持ったとき、100人中20〜25人が妊娠すると言われます。

 

それが40代になると、100人中5人になってくるため、年齢による妊娠率が低下していきます。

 

 

このデータというのは、あくまで産み分けをせず、普通に妊活をした時の確率になります。

 

じゃあ、産み分けをしたときの年齢別の妊娠確率は何パーセントか?というと正確なデータはありませんが、この確率よりも下がることは事実だと言えそうです。

 

 

ピンクゼリーを使用する上で大切なことは?

 

ピンクゼリーを使用することが理由ではありませんが、産み分けは実践しようとすると、通常よりも妊娠率が低くなるというのは本当だということが分かりました。

 

そうは言っても、多くの体験ブログや口コミを見ていると、

 

3人目で念願の女の子を授かりました

 

チャレンジしてから半年で妊娠し、女の子が生まれました

 

このような声が上がっているのもまた事実なんですよね。

 

 

大事なことは、ご夫婦でしっかりと話し合いをし、どのように妊活を進めていくのかを決めていくことです。

 

  • 女の子が欲しい!ということが最優先なのか?
  • 性別は関係なく、早く妊娠したいのか?

 

これは、それぞれの考え方や、年齢、環境によっても違ってくることです。

 

ピンクゼリー 妊娠確率

 

私は、これからの長い人生、娘を持って、娘と一緒に過ごしたいという気持ちが強いです。

 

妊娠まで時間が少しかかるかもしれませんが、女の子ができやすい妊活をしていきます。

 

ピンクゼリー 妊娠確率

 

年齢による妊娠率を見ると、高齢出産になることもあるので、なるべく早く妊娠することを優先したいなと思います。

 

ですが、少しでも確率を上げたいので、ピンクゼリーは使っていこうかなと考えています。

 

ピンクゼリー 妊娠確率

 

1年間は、ピンクゼリーも使い、積極的に産み分けを実践していきます。

 

もし、1年経っても妊娠しなかったら、その時は、性別関係なく、妊活をしていこうと夫婦で決めました。

 

いろんな考え方があるので、あなたもこれを機にご夫婦でしっかりと話し合ってみてもいいかもしれません。

 

 

よく読まれている関連記事

 

産み分け成功率が一番高いのは?ピンクゼリーおすすめランキング

 

ピンクゼリーの使い方|産み分け成功のカギはこれ!

 

ピンクゼリーの成功率を80%にする裏ワザ紹介!